本文へスキップ

学力向上進学重点校エントリー校

学校生活

陸上部の紹介          大会結果

大和高校陸上部は2016年度県高校総体において5000mW(競歩)で25分11秒22で6位入賞、女子やり投では32m93で8位入賞を果たしています。2016年度県高校新人では5000mW(競歩)で23分55秒54で3位入賞を果たし、関東大会出場を決めました。関東高校新人大会でも23分11秒18で7位入賞を果たしました。

また、2016年11月5日に丹沢湖で行われた県高校駅伝では31年ぶりに大和高校史上最高記録タイ記録(昭和60年)に並ぶ21位という成果をあげることができました。その半数は高校から陸上をはじめた選手です。「実績がなくても、熱意があれば上の舞台で勝負ができる」という信念のもと、選手は成長を続けています。

その他にも男子800mで1分56秒12、1500mで3分57秒92(2016年12月1日現在。神奈川県ランキング6位に相当する記録)、など中学時代には高い実績の無かった選手が高校入学後は県の上位で活躍しています。

陸上経験者はもちろんですが、高校から始めた選手でも、強い気持ちさえあれば強くなれるものです。 陸上競技というのは個人競技です。タイムや記録という形で努力が現れ、努力したものは必ず自分に返ってくる、それが陸上競技の魅力の一つです。 また、自己記録を更新する喜びや周りの仲間と苦しい練習を乗り越えた経験は一生の財産になるでしょう。

目標は全員県大会出場、そして関東・全国大会出場!!生徒はその目標を目指し、日々練習に力を注いでいます。土日や長期休業中は学校での練習のほか、大和スポーツセンターでの練習や合同練習、あるいは神奈川県強化練習会などに参加し、チームとして力をつけています。また、人として大切なことを身につけることが出来るよう、責任を持って活動しています。 夏休みや冬休みなど、見学は随時可能ですので、顧問の松尾(短距離・跳躍・投てき)・竹内(長距離)へ、電話にてご連絡ください。

 人数 3年生:14名(男子10名、女子4名)
2年生:9名(男子8名、女子2名)+女子マネージャー2名
1年生:9名(男子7名、女子2名)
 活動日 週6日(日曜休み、試合のときは月曜日。長期休業中は不定休)
水曜日、土曜日に大和スポーツセンターで練習することあり。
 練習場所 大和高等学校
大和スポーツセンター(大和競技場)…大和高校から4km。
鶴間公園…大和高校から2km。クロスカントリーや芝生あり。
麻溝台競技場…大和高校から6km。
スローガン 全員県大会、そして関東・全国目指す。
2016年度の 
主な実績
神奈川県高校総体 (5月14,15,21,22日) 男子5000mW(競歩)
・武藤小鉄 25分11秒22 6位入賞 男子1500m    
・藤原宏輔 4分00秒88 決勝進出 女子やり投げ     
・土佐桃香 32m93 8位入賞

世田谷記録会(5月28日) 男子1500m  
・藤原宏輔 3分57秒92 県高校ランキング4位 (7月1日現在)

国士舘大学記録会(6月4日)
・男子800m 藤原宏輔 1分56秒12 

神奈川県選手権(6月25日)
・男子5000mW 武藤小鉄 24分40秒57  10位

北相大会(7月16日,17日)
男子800m
・藤原宏輔 予選1.57.65  決勝 1.57.23  第2位
・島﨑翔大 予選2.00.77  決勝 2.00.03  第4位
男子3000mSC
・高橋一星 10.42.00
・誉田聖人 9.57.25  第3位
・福井将大 10.11.49 第6位
男子5000mW
・武藤小鉄 25.56.59 優勝

県高校新人(9月17,18,24,25日)
・男子3000mSC 誉田聖人 9分56秒72 第9位 決勝進出
・男子5000mW 武藤小鉄 23分55秒54 第3位 関東大会出場決定

関東新人(10月22日) in 熊谷
・男子5000mW武藤小鉄 23分11秒18 第7位

神奈川県高校駅伝 男子 21位
(2008-2012出場なし→2013:43位→2014:32位→2015:39位→ 2016:21位。31年ぶりに大和高校史上最高順位タイに並ぶ高順位)