本文へスキップ

学力向上進学重点校エントリー校



 爛漫と見事なまでに咲き誇る桜の木々、前庭の左右に悠然と立ち並ぶヒマラヤ杉の大木、そして中庭には、わたくしたちを見守るココスヤシの高木・・・。大和高校の敷地には多くの木々がたくましく根を張り、半世紀にわたる歴史の重みを語りかけてくれています。

  この度、4月1日付の定期人事異動により、伝統ある大和高校に赴任いたしました校長の林です。
 本校の教育目標である、「知・徳・体ともに備えた円満にして実践力のある人材の育成」を引き続き推進し、明るく自由な雰囲気を尊び、その中で自ら考え主体的に行動できる「和高」生を育む校風をしっかりと守っていきたいと考えております。
 現在、大和高校は、神奈川県教育委員会より「学力向上進学重点校」の指定を受けております。単に、知識の伝達にとどまることなく、学校として、生徒一人ひとりが将来について深く考える機会をできるだけ多く設け、その将来の夢につながる進路の実現を支援する、そうした新たな使命を帯び、日々の教育活動が行われています。
 「和高」生の日常生活は、授業への真剣な眼差し、廊下ですれ違う際の爽やかな挨拶、行事や部活動への集中力、どれもが素晴らしいレベルで実践されています。全ての生徒が、自分の夢に向かってより一層充実した学校生活を送れるよう、教職員の団結力で支えてまいります。

平成27年4月
第19代校長 林 忠

□ 生徒へ贈る三つのキーワード
・Headwork・・・「高校生は、とことん勉強する」という意味
・Teamwork・・・「学校行事や部活動で自分の個性・特徴・特技を伸ばす」
        そして「多くの友を得よう」という意味
・Footwork・・・「健康、安全・安心がすべてに優る」という意味