TOP  PTA活動トピックス  PTA委員会紹介 大和高校ホーム



29

6月  第2学年 学年懇談会 | 夏休み英語講座開催のお知らせ
5月  県央地区総会 | 第3学年 学年懇談会
会員委員会からのお知らせ(芸術鑑賞会) | 体育祭 | PTA総会 | 会員委員会抽選結果報告 | 第1回運営委員会
 4月  入学式 | PTA全体会


28

3月  卒業式
2月  プランター寄せ植えと卒業式看板の設置
1月  会員委員会 活動のお礼
12月 大和高校 恒例 豚汁
11月 ストップ・ザ・交通事故 県央地区 高校生・PTA大会
第1学年 学年懇談会 | 地域貢献デー | 第2学年 学年懇談会 | 体験講座~カルトナージュ~
10月 教養講座 グリコピアと小江戸川越散策
神奈川県立高等学校PTA連合会県央地区大会 | 会員委員会 抽選結果報告(体験講座)
9月 槐祭(文化祭) | 会員委員会 抽選結果報告 教養講座(社会見学)
 8月 会員委員会からのお知らせ(教養講座・体験講座) | 第66回全国高等学校PTA連合会大会 千葉大会
 7月 芸術鑑賞会 劇団四季『ライオンキング』
 6月 神奈川県立高等学校PTA連合会理事会 | 第1学年 学年・学級懇談会


会員の皆様におかれましては、ますますご健勝のことと存じます。
さて、この度会員委員会では、大和高校英語科教諭であり、通訳案内士として海外からのお客様を日本中に案内した経験を持つ神保克朗〈じんぼよしろう〉先生の「夏休み英会話講座」を企画しました。
夏休みの2日間、暑い最中ではございますが、高校生に戻った気分で楽しくご参加いただければと思います。
 
開催日時  平成29年7月28日(金)・29日(土) 13:00~14:30
内容 「海外旅行もこれで安心!身に付く、話せる、日常会話」
&「来たる2020年東京五輪に向けて!
海外からのお客様を お・
・て・・し」
場所 大和高校 教室(場所については当日事務室前玄関に掲示します)
参加費 無料
持ち物 筆記用具、スリッパ、あれば辞書(電子辞書可)、お茶用マグカップ
申込み方法 「参加申込書」に必要事項を記入し、7月7日(金)までに担任の先生にご提出ください
注意事項 *保護者向けの講座です。
*お父様の参加もお待ちしています
*どちらか一日のみの参加も可です
*車でのご来校はご遠慮ください(自転車は可)
*申込後の連絡はありませんので、当日教室にお越しください
 


6月5日 第2学年 学年懇談会
広瀬副校長先生  小野先生   第2学年教員紹介の様子
6月5日月曜日、視聴覚室で補助椅子を使用するほど多くの保護者が参加し、第2学年の学年懇談会が行われました。

1. この春、大和高校に着任された広瀬副校長先生より、ご挨拶がありました。生徒たちには「時間」と「授業」の2つを大切に、毎日を過ごして欲しいというお話がありました。

2. 本校進路部 小野先生より、進路、大学受験に向けてのお話がありました。52期生の進路状況の報告、さらに過去の進路状況との比較をふまえ、大学合格の難化傾向についての説明がありました。入学定員数の厳格化による影響などにより、去年より今年、今年より来年と大学合格が難しくなる見通しとのことでした。

3. 藤崎先生から来年度の選択科目についての説明がありました。
6月19日に生徒対象にコース・選択科目の説明会、7月前半に選択希望の仮調査、7月下旬から8月初旬で保護者面談(あるいは三者面談)、9月に本調査を行う予定とのことです。

4. 太田先生より修学旅行についての説明がありました。
10月22日日曜日から25日水曜日まで3泊4日で、1日目と2日目は民泊、3日目はホテル(ヒルトン北谷リゾート)を予定しています。コース別体験活動について、6月中旬以降に生徒の希望を確認しながら検討しているところだそうです。子ども達の希望が詰まった思い出に残る修学旅行にしてもらいたいです。

5. 第2学年教員紹介がありました。
学年代表の神保先生をはじめとし、各クラス担任、副担任の先生方から一言ずつご挨拶がありました。
学年懇談会終了後、各教室にわかれ、学級懇談会が行われました。
先生からクラスの様子、文化祭の計画について、保護者からは自宅での様子、学習、スマホの使い方の心配なことなどについてのお話がありました。なかなか子ども達の生活についての実際の様子を聞く機会はないので、よい機会となったと思います。

 


5月29日 第3学年 学年懇談会 
  3学年の学年懇談会は14時より視聴覚室にて行われました。多くの保護者の方々が出席し、進路への関心の高さがうかがわれました。
 
 林校長先生 小野先生 
 
工藤先生   岩本先生
1.校長先生の挨拶(林校長先生)
入試定員管理の厳格化による影響で進路状況が厳しくなっていることや、、3年生全員が書いた「第一志望宣言」についてのお話がありました。保護者の方には夢に向かって頑張る子ども達を支援して欲しいとのことでした。

2.進路状況説明会 (小野先生 本校進路部)
初めに、52期生の進路状況の報告がありました。今年は入試定員管理の厳格化による合格者の絞り込みが行われたことで、例年になく厳しい結果でした。再チャレンジする生徒も増加したそうですが、これは、目的意識を強く持ち、より難易度の高い大学を目指す生徒が増えてきたことも影響しているそうです。
・国立大学入試について
理系に力を入れていることや、学費についての説明がありました。また、センター試験の結果で第一志望宣言の学校を受験できずに終了してしまうことや難易度の高い学校では後期入試を廃止していることなどのお話もありました。
・私立大学入試について
入試定員管理の厳格化による絞り込みを警戒して併願校を増やす傾向があるそうです。そのため、受験料も増加しているので、入学金の支払い時期などをきちんと確認することや、合格したら入学してもよいと思える学校を受験することなどが大切だそうです。大学によっては複数の学部の受験をしても調査書が1枚でいいところもあるので、きちんと確認してほしいとのお話がありました。
・指定校推薦について
指定校推薦を使う生徒が減少しているそうです。生徒の志望が高くなっていることが影響しているとのことでした。指定校推薦は入学してからの成績も後輩に影響します。安易な気持ちで入れる学校を選ばないで欲しいとのことでした。
・奨学金について
5月26日(金)に大学予約奨学金についての説明会が行われました。これは入学後に給付されるものなので入学金には使えませんが、卒業後に必要な書類を取りに来る必要がないなどのメリットがあるそうです。
・スマホや携帯の使用について
現役合格者のスマホや携帯の利用の方法についてのお話がありました。スマホを使った学習方法もありますが、もっと利用制限をしていれば第一志望宣言の大学へという声も多いようです。

3.昨年度の3学年の様子について (工藤先生 52期学年代表)
模試の点数はよかったのに、入試の結果がでなかったという印象。厳格化の影響により厳しい状況だったそうです。
また、頑張りは顔に出るというお話がありました。受験が近づくと眉間にしわがより、しまった顔になってくるそうです。今年の子ども達も早い時期に気持ちを切り変えて受験生の顔になってほしいと願います。

4.学年より (岩本先生 学年代表)
芸術鑑賞会(ライオンキング)では、遅刻もほとんどなく、体育祭でも決起していた。良い雰囲気の学年だそうです。これが入試結果に繋がって欲しいと願います。
3年生は、選択科目によって帰宅時間が異なります。授業のない生徒は、早い時間に帰宅することができるそうです。
夏休みの面談は希望者のみですが、指定校推薦を希望する生徒は必ず面談を行って下さいとのことでした。
懇談会に出席して、今年の大学入試の厳しさを感じました。子ども達が「第一志望宣言」をかなえられるよう、保護者としてできることを考えて、応援したいと思います。

 

5月25日 県央地区総会

県立高等学校のPTAは、全国・関東・県・地区といった階層型の組織になっています。
大和高校PTAが属している県央地区協議会は、県央地区の県立高校18校で構成されており、さらに上位の組織との連携のもと、各種の大会、研修会などの活動を通して、各学校単位PTA相互の連携・協調を図るとともに教育の振興発展を目指しています。 
大和高校PTAは一昨年度、県央地区の副会長校、昨年度は会長校として総会、交通安全大会、県央地区大会などの運営等18校の取りまとめをしてまいりました。
先日、神奈川県立高等学校PTA連合会 県央地区協議会 平成29年度第一回総会、懇親会が以下の通り開催されました。
今回の総会を最後に今年度会長校の大和南高校に引継ぎをいたしました。
【日時】2017年5月25日(木)14:00~19:00
【会場】レンブラントホテル厚木
当PTAからの出席者
【総会出席】
広瀬副校長先生、鈴木先生(学校書記)、葛山前大和高校PTA会長、福井(会長)有地(副会長)楠田(副会長)佐野(書記)小宮山(会計)
【総会運営】
司会:楠田 / 議長:福井 / 書記:佐野 
【総会議事】15:30~16:20
  1. 平成28年度の事業・決算承認
    昨年度の事業報告を葛山前会長に、決算報告を有地副会長に、続いて大和南学校書記天野聡美先生より、地区交通安全大会関連の決算報告をしていただき、承認されました。
  2. 今年度の役員選出
    会長・会計  大串  弥生 〈大和南高校PTA会長〉 
    副会長  裕一 〈厚木北高校PTA会長〉
    監事 鼻山  陽子 〈海老名高校PTA会長〉
  3. 平成29年度の事業・予算承認
    会長校として大和南高校天野聡美先生より事業計画案、予算案の説明をしていただき、承認されました。
今年度の主な事業は以下の通りです。
  • 県央地区大会(研究発表は、厚木東高校PTA・大和西高校PTA(交通安全発表校))
  • 健全育成
  • エイズ撲滅研修会
  • 『ストップ・ザ・交通事故』高校生 PTA大会
【役員会議事】16:30~17:00
  • 総会で選出された役員校・研究発表校のスタッフ顔合わせと、今後の予定の確認等がありました。
【懇親会】17:00~19:00
  • 各校PTA役員のあいさつ、情報交換を目的に、短時間ではありましたが懇談しました。

監事校、副会長校、会長校と忙しい3年間でしたが、関わられた役員、OB役員の皆様方、本当にお疲れ様でした。
これにより培われた成果を今後のPTA活動に活かしていく所存です。
今後とも皆様方のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

(報告者 会長:福井和美) 


5月24日 平成29年度 第1回運営委員会
PTA総会で承認されたメンバーで、第1回運営委員会が行われました。
校長先生、PTA会長の挨拶の後に、5月9日に行われた体育祭および19日のPTA総会の反省、また9月に行われる文化祭の準備日程の発表があり、それぞれの議題で活発な意見交換や各委員会で進める案件の確認などが行われました。

本年度も、充実した学校生活を生徒たちがおくれるように学校と連携しながら活動してまいります。

 

会員委員会より 芸術鑑賞会の抽選結果ご報告

この度は、芸術鑑賞会「レ・ミゼラブル観劇とランチ付きバスツアー」に多数のお申込みいただきありがとうございました。
今回は50名の定員のところ80名を超えるお申込みがありました。
厳正な抽選を行った結果、残念ながらお断りをさせていただいた皆様には心よりお詫び申し上げます。
5/29~30にお子様を通じて抽選結果のご案内を封書にて配布致します。
当選の方は5/30~6/2が集金日となっておりますので、忘れずにご提出をお願い致します。
今後は、10月に教養講座、11月に体験講座を企画しています。
ホームページや文化祭のPTAブースや、お知らせプリントなどでご案内していきますので、皆様のご参加をお待ちしております。


 

5月19日 平成29年度 PTA総会
新役員紹介と挨拶  感謝状・記念品贈呈 
平成29年度PTA総会が5月19日に開催されました。

以下の内容が審議の結果、承認されました。
・平成28年度事業報告
・平成28年度決算報告、同監査報告
・平成28年度教育振興費決算報告、環境整備費決算報告、図書費決算報告、同監査報告
・役員指名委員会報告、新役員の紹介と挨拶
・平成29年度の事業計画案
・平成29年度予算案
・平成29年度教育振興費予算案、環境整備費予算案、図書費予算案

審議の後、福井新会長から旧役員への感謝状・記念品の贈呈や、旧役員を代表して葛山旧会長からの挨拶がありました。旧役員の皆様、これまでPTA活動にご尽力いただき、ありがとうございました。
 
 

5月9日 体育祭
数日前までは当日の天気予報にヤキモキしましたが、予定通り5月9日(火)に体育祭が行われました。
      
今年も保護者や卒業生の方など、たくさんの見学者が来られていました。
              
毎年恒例の学年委員会による、笑顔のドリンクサービスです。
     
各色のマスコットも応援合戦(ダンス)も見ごたえ十分で楽しませてもらいました。
      
     
     

      
     
     

      
     
     

      
     
     

各色とも力作揃いのダンス衣装です。モデルは団長さんとチアリーダーさんにお願いしました。
 


 


 


 


3年生にとって最後の種目の棒倒し。3年生の気持ちが伝わってきます。
 
               

            

            

            

        

 
半年も前から頑張って準備してきた子供たち。だからこその真剣なまなざし!はじける笑顔!歓喜の涙!
そんな子供たちを見ることが出来て幸せな一日でした。 
   
         

         

                       


 

会員委員会からのお知らせ(芸術鑑賞会)
☆芸術鑑賞会のお知らせ☆
 
  さわやかな季節、会員の皆様におかれましては、ますますご健勝のことと存じます。
  この度、会員委員会では会員皆様の親睦を深めミュージカルを楽しんでいただくバスツアーを企画
  いたしました。
  中央林間からご一緒して和田倉噴水公園レストランでランチブッフェを堪能し、
  帝国劇場「レ・ミゼラブル」を鑑賞し中央林間まで戻ってきます。
  ご多忙中とは存じますが、ぜひご参加下さいますようお待ち申し上げます。
     
    開催日:  平成29年6月29日(木)
    集合場所: 東急田園都市線 中央林間駅 東急正面入口 午前8時45分集合
    行 程:  9:00中央林間出発→11:00~12:30ランチ《和田倉噴水公園レストラン》
          →13:00~16:00レ・ミゼラブル観劇
          →17:30中央林間着(道路の混雑状況で到着は多少前後します)
    募集人数: 50名(応募多数の場合は抽選になります)
    参加費:  4,500円(バス・鑑賞チケット・ランチ代込み)
     
        *詳しくは5月19日(金)にお子様を通じてお手紙を配布する予定です。
        *締め切りは5月25日(木)です。

 

4月14日 PTA全体会 
  平成29年度PTA全体会が4月14日(金)に開催されました。
例年は武道場でしたが今年は視聴覚室が会場となり、会長、本部役員、各委員会担当の先生方の挨拶や紹介後、それぞれの委員会ごとで自己紹介や年間の計画、仕事の内容の確認などが行われました。
各委員会の内容・集合写真はPTA委員会のリンクをご覧下さい。

 

4月5日 平成29年度入学式
 
正門 入学祝看板 
校長先生の挨拶 PTA会長の挨拶 入学許可
 教員紹介 校歌披露  吹奏楽部の歓迎演奏

45日、第55期生278名の入学式がとり行われました。

当日はおだやかな気候で、満開になろうとする桜の花や、昨年体育祭の各色キャラクターを配した学年委員さん作成の看板が新入生を出迎えていました。

式では入学許可の後に、校長先生より、「ヘッドワーク」では隙間時間をコントロールしよう! 「チームワーク」では良い人間関係の構築をしよう! 「フットワーク」では健康維持を心掛けよう! と3つのキーワードを絡めたお話がありました。

PTA会長からは「すこしだけ頑張ってみる」をキーワードに、自分の可能性を信じて限界へ挑戦する目標を掲げ努力し、魅力的な和高生になってほしいとのお話がありました。

新入生からは、大和高校生になった決意と、高校生活に対する希望にあふれた話がありました。

その後、職員紹介、2年生音楽クラスによる校歌紹介、吹奏楽部からの歓迎演奏を経て、無事に第55期生の入学式が閉式しました。

式の後保護者の方々からPTA入会申し込み用紙の回収と各委員会の説明がありました。各クラスに移動し委員の選出が行われました。新入生保護者の皆様、ご協力、ご参加ありがとうございました。今後ともPTA活動へのご理解、ご協力よろしくお願いいたします。

PTA会長の祝辞に関しましては以下リンクをご参考下さい。

入学式PTA会長挨拶



 

3月3日 卒業式
卒業証書 授与  校長先生 式辞
校門の看板 PTA会長 祝辞 卒業生279名
 同窓会長 祝辞  在校生 送辞 卒業生 答辞 
平成29年 3月 3日 第52期生 279名 卒業

三年前の入学式を思い出させる晴れ渡った空の下、第52期生の卒業式が行われました。

校長先生は100校の中学からの入学であったことと、爆弾低気圧で延泊となった北海道の修学旅行にも触れられ、友との絆を更に深め、忘れられない思い出となったはずとお話しされました。またこれからも貪欲に学び、本校で身に着けた「知・徳・体ともにそなえた実践力」で『広く世界を見て、グローバルな視点で考えて行動できる人に成長して欲しい』という祝辞をいただきました。

PTA会長からは、世界のあらゆる場所・人から発信された情報が溢れるこの時代、本質を見失ってしまう危険性がある。ユリウス・カエサルの「多くの人は見たいと欲する現実しか見えない」の言葉が2000年以上の時を経て非常に意味がある。『見たくない現実から逃避することなく、真実を見極め、本物を求めて学んで欲しい』との話をいただきました。

同窓会長からは、紅白の垂れ幕が自分たち7期生からの卒業記念品であり、45年前から大切に使い続けていただき嬉しさと伝統を感じるとのこと。これから16500人余りの同窓生の仲間となり先輩方にどこかでお世話になるであろうことと「先輩・同輩・後輩のお役に立てる人間になって貰いたい」こと。和高で得た一生涯の絆を大切にし『和高の卒業生として自信を持ち一生懸命歩き続けて欲しい』とのお言葉をいただきました。

在校生代表からは、生徒会・部活動・体育祭・文化祭と全力で取り組む先輩を見てきました。大和高校で作り上げた大切な宝物を忘れないで下さい。『受け継いだ伝統と共に、これからの世代に引き継いでいきたい』と送辞を貰いました。

卒業生代表からは入学した頃は友人できるか心配だったが、打ち解けて段々教室が賑やかになっていったこと。体育祭では先輩の全力で取り組む姿に憧れ、文化祭では仲間とやり遂げた達成感を味わったこと。修学旅行延泊で定山渓温泉に入ることができたこと。三年間でかけがえのない友人を得たことが語られました。そしてご指導いただいた先生や職員の皆様、そして両親に感謝が綴られ『大和高校卒業生としての誇りを胸に、日々精進し未来を切り開いていく』との力強い言葉がありました。

52期生からは卒業記念として、自動紙折り機が贈られました。

卒業生の保護者の一人として、子供が大和高校で過ごせたことは本当に良かったと思っています。子供たちを温かく見守り育んでくださった先生方、地域の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。


PTA会長の挨拶に関しましては以下リンクをご参照ください。

卒業式 PTA会長 挨拶

 

2月9日、10日 プランター寄せ植えと卒業式看板設置 1学年委員会
      プランター寄せ植え
   
 
 2月9日(木)卒業式、入学式を彩るお花の苗の植え付け作業を行いました。
雪が降る中、技能員の那賀島さんの優しい指導を頂いて楽しく作業する事が出来ました。
 看板設置
 
 9日午後予定していた看板取り付け作業でしたが、雨雪の予報が出ていたため、10日午前中に延期しました。当日は良い天気に恵まれ、技能員の那賀島さんにお手伝いいただき、取り付けることができました。
大和高校の植栽など那賀島さんから貴重なお話も伺うことができて、あっという間の作業でした。

3年生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。



会員委員会 活動のお礼
平成28年度会員委員会主催の活動にたくさんの方のご参加ありがとうございました。

来年度も楽しんでいただけるような企画を用意していきますので、皆様のご参加をお待ちしております。

お子様を通しての配布プリント、ホームページ、体育祭・槐祭などでご案内していきますので、こまめにチェック下さい。

なお、6/29には芸術鑑賞会を予定しています。5月にプリント配布予定ですので、ぜひ、ご検討いただき、ご応募お待ちしています。


  12月15日 大和高校 恒例 豚汁
               
9:30

当日担当の学年委員さん
豚汁は、3学年の学年委員さんがリーダーで行われます。
10/6~打ち合わせを行い、準備をしてくれました。

<前日担当班>>
前日担当の委員さんは、備品のセッティング、野菜洗い~カットを行い、袋に小分けしてくれていました。

<当日担当班>
学年ごとに集合時間が決められており、まずは、3年生が9:30集合。
6テーブルに、大小の鍋を2個ずつ煮立て、1テーブルで2回作成し、合計24個の鍋を使い、900~1,000人分作成です。
 

1テーブルの具材
1テーブルで使う具材の量です。
まだ全て揃っていませんが、この日のために発注した量は・・・

   大根・・・30本
   人参・・・90本
   ねぎ・・・150本
   ごぼう・・・60本
   こんにゃく塊・・・90個
   肉・・・30kg(30個に小分け)........他
   ※書いてるのは、ほんの一部です。

毎年予約注文しており、地元の業者さんから地元の食材を”激安!”な値段で購入させてもらってます。
10:20



10:40 
まもなく完成です♪
  
打ち合わせをしている外担当の学年委員さん、ガス屋さんも到着。
雨で寒いため、配布時間が30分早くなり、11時~になりました。
10:50      
1缶目、完成。雨の為、渡り廊下での配布に変わりました。1缶に、鍋3~4個を入れたそうです。調理室から渡り廊下に行くには階段があり、熱い!、重い!で大変なご苦労で運んでくれました。
11:00
先頭 薬味 大盛況
配布の様子 生徒の豚汁撮影 最後尾 
校内放送をかけて貰い、豚汁配布が始まりました。雨により体育館での球技大会になり、教室で待機中の生徒が一気に並びだしました。
B棟からA棟周りの一方通行になり、学年委員さんと鈴木先生が生徒の誘導をしてくれました。寒い日だったので、生徒達は各自持ってきたお椀、スープポット、土鍋に沢山豚汁を入れてもらい、”お母さんの味がする~♪”、”あったか~い♪”と叫んでいました。
容器を忘れた生徒にも、プラ容器、学校のお椀などを使い、配布してくれました。
11:40 追加の豚汁です。

調理室では、まだまだ豚汁を作成中で、何度も追加豚汁を運んでくれました。
1時間ほどで豚汁も無くなり、校舎内が豚汁の香りで溢れていました。
前日から2日がかりで大量の豚汁を作成して頂き、また、寒い中、楽しい恒例行事にして頂きまして学年員の皆さん、本当に有難うございました。来年もよろしくお願いします。

 

11月18日 ストップ・ザ・交通安全 県央地区 高校生・PTA大会  
11月18日 県央地区 高校生・PTA大会 ”ストップ・ザ・交通事故”が、海老名市文化会館 大ホールにて開催されました。
今年度のテーマ、『みんなで広げよう「安全・安心・心がけ」』に基づき、生徒とPTAの取り組みについての発表が行われました。
生徒企画  生徒討論会
生徒企画 「各学校の交通安全対策」
愛川高校、厚木清南高校、大和東高校、大和南高校、相模向陽館高校、厚木西高校、綾瀬高校、綾瀬西高校により、学校で行われている交通安全対策が発表されました。
各学校、立地条件により交通手段が異なりますが、安全に登下校するために、アンケートの実施、ハザードマップの作成、マナーアップへの取り組みなどを行っていました。特に歩きスマホや自転車の乗り方に対して力を入れている学校が多いようでした。
 
生徒討論会 テーマ 「今後自転車専用道をより普及させていくべきか
賛成の厚木高校、厚木北高校と反対の厚木商業高校、座間高校に別れ討論が行われました。
賛成意見としては、事故減少につながる、人命が何より優先、海外では自転車専用道路が普及していることなどが挙げられました。
反対意見としては、予算が決まっているので、自転車専用道路よりも危険な歩道の整備を優先にするべきではないか、ルールを決めれば、必要ないのではないかなどの意見が挙がりました。
討論の結果、お互いの意見は変わりませんでしたが、相手の意見を尊重しながら、安全に自転車を運転するための考えが深まったようでした。 
      
 PTA企画  
大会アピール
PTA企画  厚木商業高校PTA
「”自転車の安全 身の安全” ~自転車事故0(ゼロ)を目指して~」
厚木商業高校PTAでは交通安全への取り組みの強化のために「自転車点検」の実施と「標語・ポスターの募集」を行ったそうです。自転車点検では、「自分たちでできる点検」として、ブレーキと反射板の2項目をPTA役員、先生、ボランティアで点検したそうです。交通安全標語は、最優秀賞に選ばれた「そこのきみ スマホ見ないで 前を見て」を横断幕にして通学路に設置し、交通安全ポスターとして採用された作品は、クリアファイルにして全校に配布したそうです。

大会アピール 大和高校
【みんなで広げよう「安全・安心・心がけ」】 ~Let's 意識改革!さよなら”ながらスマホ”~

大和高校の生徒による楽しい寸劇で、ながらスマホの危険を訴えました。スマホを使うことの多い高校生にとって、ながらスマホに関連して起こる事故は身近なものになっています。事故の被害者や加害者にならないためにも歩きスマホや自転車スマホの危険を認識し、ながらスマホをやめて欲しいと思います。
この大会を通して、交通事故を未然に防ぐためにできることを考えさせられました。こうした活動が交通事故のない生活に結びついてくれることを望みます。


11月14日 体験講座~カルトナージュ~
制作中の様子 ランチ カルトナージュで作られた
ブックカバー
11月14日、会員委員会主催で、フランス生まれの手芸「カルトナージュ」の体験講座が開かれました。
カルトナージュは、厚紙にボンドで布を貼り作品を作るという手芸です。
講師に渡邊扶貴子先生をお招きし、『カルトナージュで作るブックカバー』を教えていただきました。

副校長先生、会員委員長のご挨拶の後、講師の先生の紹介があり、材料の確認に続いて作品の制作が開始しました。
材料の紙や布は事前にカットされていたので、初心者でもスムーズに短時間で制作でき、紙と布がブックカバーになっていく様子にとてもわくわくしながら、楽しく作品を作りました。

制作終了後は軽食ランチと親睦会が行われ、普段はなかなか話すことのない保護者の方々と親睦を深めることができました。

ランチ後は、厚紙と布とボンドがあれば手軽に作品が作れる。また、お気に入りの布を使って作品を作れるなど、カルトナージュの魅力について先生からお話がありました。
最後に、カルトナージュで作ったスマホケースや箱細工など、先生の素敵な作品をいくつか見せていただき、材料の購入先やボンドについての質問にも丁寧に答えてくださいました。

作って楽しく、使って楽しいカルトナージュを体験し、参加者の皆さんは大満足の様子でした。
準備をしてくださった会員委員さん、講師の先生、ありがとうございました。



11月14日 第2学年 学年懇談会
林校長先生 岩本先生 小野先生

2学年の学年懇談会は14時より視聴覚室にて行われ、多くの保護者の方々が出席しました。

1.校長先生の挨拶

 修学旅行も無事終わり、大学受験まであと1年となりました。2年生の中でも意欲的に予習をしている生徒も出てきています。
基礎教科を中心にもう一度学びを確認し振り返り、気を引き締めてもらいたいとのことでした。
施設の改修工事についてはグラウンドの整備を行う予定でしたが,、A棟B棟の小規模の耐震補強工事の際プレハブ校舎用地に使用する為、グラウンドの整備工事は校舎の補強工事の後に行うことになりました。

2.学年代表より (岩本先生)

 修学旅行も終わりましたので今後は勉強、進路に向けて頭を切り替えてもらいたい。
頭に入れる為にはしっかり寝なければいけないということ、起床就寝時間等休日でも同じ時間にするなど生活リズムを一定に保つことが大事。
それとインフルエンザが流行りだす時期ですので体調管理を十分におこなってください。

3.修学旅行の報告とスライドショー上映(渥美先生)

 修学旅行は遅刻者も欠席者もゼロ、怪我人も出なかったとのこと。
大和高校初の試みである民泊も大成功に終わったとのことでした。
修学旅行のスライドショー上映では子供たちの楽しんでいる姿、平和祈念公園等で学んでいる様子が沢山の写真でわかりました。
修学旅行後学校側が生徒たちに実施したアンケート結果報告などもあり、高校生ともなると写真を見せたり旅行の思い出話を聞かせてくれなかったりしますが、こうやって写真や話を聞かせていただき、4日間十分に満喫してきたんだなぁと知ることができました。

4.2018年度入試に向けて (小野先生)

 大学入試、センター試験についてなどお話がありました。
昨年度は280名中240名ほどがセンター試験を受けたそうです。
大学によっては学部のしくみや選択可能科目などが変更されている大学もあるのでホームページで確認するように。
指定校推薦やAO入試など大学入試にも色々あり、またインターネット出願や入学定員の厳格化など、大学も入試も年々変化がみられます。
「大学ポートレート」などを活用し、「自分にも行ける大学」ではなく「自分が行きたい大学」を子供が見つけ頑張ってほしいです。
そのために私たち保護者はこれからどう見守り、協力してあげればいいのだろうと色々考えさせられる一日でした。



11月11日地域貢献デー
 
当日は最高気温11℃と肌寒く小雨模様でしたが、校長先生の掛け声のもと美化委員の生徒と先生方やPTAの有志で周辺通学路の清掃作業を行いました。
季節柄、周辺通学路は落ち葉で覆われていましたが、竹箒や熊手を使い綺麗にすることができました。
   


     11月7日 第1学年 学年懇談会 
1学年懇談会・進路講演会は視聴覚室で行われ、大勢の保護者の方が参加しました。
まずはじめに、校長先生より学習習慣と改修工事についてのお話がありました。

林校長先生
<そろそろ学習習慣の定着を>
学校での授業と家庭学習が「車の両輪」となることで学力も向上する
ので、もう一度基本に戻って見直しを。
苦手科目も敬遠せず、粘りをもって幅広く学習することも大切。
<施設の改修について>
グラウンドの照明灯交換や武道場床の張替、男子トイレの改修を予定。
グラウンドの整備については、A棟B棟の補強工事でプレハブ校舎用地に
使用するため、その後になる予定。
保護者の方もご要望等があればぜひ。
続いて小野先生、西山先生、神保先生のお話がありました。

進路部 小野先生
 
会場の様子
 
学年主任 神保先生
 小野先生より
<今後の入試制度などについて>
・センター試験はとにかく時間が長いので、時間の使い方が重要。
 本校生徒は最初から順に解いていく人が多い印象だが、時間が足りなくなって配点の高い後半の問題に手を
 つけられなくなることも。時間の使い方を1年生のうちから考えてほしい。
・受験科目について。大学・学部によって様々なパターンがあるが、学校では全大学の情報を把握しきれない
 ので各自で調べるように。
・私立大の出願はインターネット出願が増えてきている。便利で受験料割引等のメリットはあるが、手当たり
 次第出願すると本人の適正や興味とのミスマッチが起こる可能性も。
 後日郵送する書類(調査書など)の出し忘れにも注意が必要。
・最近の傾向として、国立大学の学部・学科の再編や英語での外部試験活用、入学定員の厳格化がある。
 英語の外部試験活用には、TOEICのほかに「英検」「GTEC」「TEAP」なども注目されている。
 それらを受験の条件にしている大学もあるので確認が必要。
・大学受験全般をみてみると新テストを意識した内容が増えてきており、受験勉強しかしていないと知識が
 狭まり、入試には対応できない。
 自分の関心事から外れると途端に関心を示さなくなる生徒が多いが、経験や感性を豊かにするために大切。
・予備校に通い始める生徒も出てくる頃だが、自発的な学習を心がけるように。
・大学については「大学ポートレート」活用を。全大学同じ内容をデータベース化してあるので比較できる。


西山先生より
<IBM知的探訪について>
・今年度はポスター発表と本社見学を実施。
・ポスター発表:1クラスを8班に分け、持ち時間8分で発表
 夏休みなどを利用してしっかりと調べ、まとめあげていた。
・現実ではありえないようなことを専門知識を駆使して実現できないか、と考えるところにこのプログラム
 の目的がある。


神保先生より
<学年の様子について>
・体調面が不安なので、睡眠管理をしっかりしてほしい。
・男子がスマホばかりしているように感じる。
・男女では雰囲気が全然違い、中心となってまとめるのは女子のことが多い
・男女の仲は良く、担任とのコミュニケーションもしっかりとれている。
・時間がないとよく言うが、部活等が忙しいというのは言い訳。
 本校生徒は時間の使い方が下手なので、もっと上手になってほしい。
 ラジオ講座は1回15分なので、すきま時間の活用に最適。
・受験に必要な力は「座力」「体力」「気力」と「時間管理」も。
他にもたくさんの情報を発信してくださいました。先生方、ありがとうございます。
志望校を決めるのも受験するのも生徒本人ですが、受験システムがずいぶん変化しているので、この機会にいろいろ
調べてみようと思いました。
学習習慣や睡眠時間の問題も他人事ではありませんが、素直に親の言うことを聞く年齢ではないので自発的な改善を
望むばかりです。いろいろと子どもを取り巻く環境を垣間見る有意義な時間となりました。


10月24日 PTA教養講座 社会見学  
 会員委員会主催の社会見学が10月24日(月)に開催されました。
 天候に恵まれて秋空の中、楽しく交流を深めることができました。
   中央林間駅前 東急正面集合 出発 

総勢50名 本日の日程の説明、大和高校の校章バッチやお菓子が渡され集合時間の確認、バスの中で和気あいあいと過ごせました。
途中休憩をとりながらグリコピアイーストに向かいます。
     
  グリコピアイースト見学 ♡ 

早めに到着したのでグリコの売店でレア商品を購入。
懐かしい復刻版ポッキーのパッケージなどたくさんゲット。
工場見学ではポッキーでは甘いチョコ、ローストした香ばしい匂いなどいい匂いが一杯、ほとんどがオートメーション化されていました。
グリコのおまけが年代順に 並んでいて圧巻、最後は2人1組になって早押しクイズは景品欲しさに皆で盛り上がりました。
 
   
   「いも膳」 さつまいも懐石 で昼食 
 
全てさつまいもが入っている懐石で食前酒からデザートまでさつまいも尽くし、趣があるお部屋でとても美味しく頂きました。
お蕎麦まで芋の粉が練りこんでありびっくり。(°ω° )
ポストまでお芋色に・・・お腹いっぱいになって川越へ出発。
 
     
    小江戸川越 散策 
 
添乗員さんのおすすめの店など聞きながら、各自渡された地図で集合場所と時間を確認。
時の鐘は工事中で上しか見えませんでした。
それぞれ分かれて散策 を楽しみました。
皆さん下調べをしていて買いたいお店や建物へgo!
     中央林間駅前 到着

予定より少し遅れて到着。
色々な保護者の方と仲良くなれてとても楽しかったです。
満足して笑顔で別れました。
            
企画してくださった役員の皆様ありがとうございました。
     


会員委員会より 体験講座の抽選結果 ご報告
 この度は体験講座「フランス生まれの手芸に挑戦~カルトナ―ジュ」にお申込みいただき、ありがとうございました。

お申込みいただいた皆様には全員参加していただけるようになりました。

お子様を通じて「体験講座当日のご案内」を配布いたしました。ご確認下さい。

持ち物について記載していますので、ご持参いただきたくお願いいたします。


神奈川県立高等学校PTA連合会県央地区大会
10月14日 相模女子大学グリーンホールにて、 神奈川県立高等学校PTA連合会県央地区大会が開催されました。

大和南高校PTA会長の開会のことばに始まり、高P連県央地区協議会長である本校の葛山会長のあいさつ、県高P連顧問のあいさつ、そして来賓としてお越しいただいた安全振興会理事のあいさつと続き、最後に県立学校長会議・地区会長の座間高校校長のあいさつをいただき、県央地区大会が始まりました。
海老名高等学校の研究発表
   『環境教育とPTA』
厚木商業高等学校の研究発表
 『”自転車の安全 身の安全”自転車事故0をめざして』
研究発表の1校目、海老名高等学校の発表では、まず学校紹介、教育方針、PTAの主な活動などが紹介されました。
次にテーマの環境教育について、学校での生徒の活動とPTAの活動が報告されました。文化祭で花火を上げようを目標に、アルミ缶を回収し花火の費用にあて、色団ごとにアルミ缶の数を競って回収数の多い団の色の花火が最初にあげられるそうです。PTA活動の中でも体育祭・文化祭に行う給水活動にエコカップを利用するなど、環境に配慮した活動を行っているということです。保護者と生徒それぞれが環境を意識した活動を積極的に行っている様子がよくわかりました。

2校目の厚木商業高校研究発表では、学校紹介、PTA活動の紹介に続いて、テーマの自転車点検についての発表がありました。
PTAとボランティアの保護者で自転車のブレーキ不良の点検を行い、自分でブレーキの調整を行う方法を説明したそうです。また、安全啓発の横断幕の設置とクリアファイルの作成で、安全意識を高める活動も行っているとのことでした。自転車でも事故の加害者となって多額の賠償金を支払うケースもあり、安全を意識して自転車に乗ってほしいという保護者の願いが伝わってくる発表でした。


  記念講演 花束贈呈
記念講演は公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンの内山雄太氏により『国際協力の世界で働くこと』というテーマで行われました。
プラン・インターナショナルは発展途上国の貧困を救う様々な活動を行うNGOです。Because I am a Girl キャンペーンの電車広告で「13歳で結婚。14歳で出産。恋は、まだ知らない。」というフレーズを見たことがある方も多いのではないでしょうか。講演では、女の子の教育を行うことで発展途上国の貧困を解決していく活動などが紹介されました。また、国際協力の分野で働きたいと考えるなら、自分で考えること、語学力をつけること、専門知識を持つこと、与えられた場所でベストを尽くすこと、読書の習慣をもつことが大切だというお話がありました。
薬学という分野から国際協力へと活躍の舞台を広げた講師の先生の体験は、とても興味深かったです。
プラン・インターナショナルの活動はホームページなどで詳しく紹介されているそうなので、皆さんもぜひご覧になってください。
健全育成研修会は『あなたの人生を守るために』というテーマで、本校の林校長先生から薬物乱用についてのお話がありました。危険ドラッグは学校関係者や若者へも広がっており、身近な危険として子供たちに教えていかなければと思いました。
 大会準備の様子  大会準備の様子
今年度本校は、高P連県央地区協議会の会長校であり、PTA役員は、この県央地区大会のために、何度も打ち合わせを重ね準備をしてきました。当日も午前中から会場準備とリハーサルのために集まり、大会役員として活動しました。無事に大会を終えることができて、本当によかったです。大会運営に携わってきたみなさまお疲れ様でした。


会員委員会より 教養講座(社会見学)の抽選結果 ご報告
 
の度は教養講座「グリコピアと小江戸川越散策」バスツアーにお申込みいただきありがとうございました。

お申込みいただいた皆様には全員参加していただけることになりました。

お子様を通じて集金のご案内を封書にて配布致しました。

10/3~5が集金日となっておりますので、忘れずにご提出をお願い致します。


また、11/14(月)の体験講座「フランス生まれの手芸に挑戦~カルトナ―ジュ~」のご案内を9/28以降に配布し、申込み受付中です。

申込み締め切りは10/14です。多数の皆様のお申込みをお待ちしております。




 
2日間にわたり文化祭が開催されました。親子連れから、高齢の方までたくさんの方々がPTA会場に足を運んでくださいました。
PTAの各委員会は、会議室と3-1教室にて毎年恒例の催しを行いました。
本部役員は『焼きそば販売』、学年委員会は『バザーでほりだしものGET』、会報委員会は『お休み処Enjour・体育祭衣装展示』、会員委員会は『和高クッキー販売』、予算会計委員会は『和高シャーペン販売』、ホームページ委員会は『大和deプリクラ』を担当しました。
『焼きそば販売』は早々に売り切れるなど、大盛況で2日間の日程を終了しました。

バザーにおきましては、多くの方々から品物を提供していただきました。
多数の保護者の皆さまのご援助、ご協力をいただきありがとうございました。
 
 


      第66回全国高等学校PTA連合会大会 千葉大会
全国高P連の大会が、8月25・26日に千葉県で開催され、大和高校からは副校長先生と、PTA会長が参加しました。「再発見! 愛」~ 今こそ信じよう愛の絆~を今年の大会テーマに講演や研究発表、分科会が行われました。

【日程】2016年8月25日(木) 8:30~16:00 26日(金)8:30~12:00
【場所】幕張メッセ・幕張イベントホール/国際展示場9ホール/国際展示場2ホール/国際展示場3ホール/国際会議場/アパホテル東京ベイ幕張/ホテルニューオータニ幕張
【主催】一般社団法人 全国高等学校PTA連合会
【主管】千葉県高等学校PTA連合会
【後援】文部科学省、全国高等学校長協会、関東地区高等学校PTA連合会、千葉県、千葉県教育委員会、千葉市、千葉市教育委員会、千葉県高等学校長協会、千葉県高等学校教頭・副校長協会、千葉県公立学校事務長会、千葉テレビ放送株式会社、株式会社千葉日報社、朝日新聞社千葉総局、読売新聞社、毎日新聞社、産経新聞社千葉総局、東京新聞千葉支局

【大会趣旨】抜粋
少子化、高齢化が他国に例を見ないスピードで進み、若者の都市部への流出が続く地方では、人口の減少が深刻な問題となっており、社会や家族のあり様が変化する中で、地域における子どもと大人の交流の場も少なくなり、子どもや家庭の孤立化が進んでいる。さらに、コミュニケーションの多くが、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を介して行われるようになり、社会的な問題も生まれている。
 一方学校は、生徒が集団で学び合う場であることから、表情を見て相手の心情をくみ取る力が育ち、心の通うコミュニケーションが生まれてくる。 今こそ原点に立ち戻り、人と人との「ふれあい」「かかわりあい」そして「つながり」の大切さを、再発見する必要があることから、千葉大会のテーマは、「再発見! 愛」~ 今こそ信じよう愛の絆~ とした。
 子どもたちを支えていく「学校」「家庭」「地域社会」とのつながり、「愛の絆」を確かなものとするために、私たち大人ができることは何かを真剣に議論し、この房総の地から全国に発信する。

【参加費】7,700円(弁当代を含む)
【本校からの参加】 副校長 松崎先生、 PTA会長 葛山 
基調講演
演題:「高校生の自立を支援するPTA活動のあり方」~今こそ信じよう高校生を~
講師:千葉敬愛短期大学 学長 明石 要一 氏
明石 要一(1948年生まれ)は、千葉大学名誉教授・千葉敬愛短期大学学長。専門は教育社会学(青少年教育)。担当授業は、学校の社会学、子ども文化論、教育社会学演習など。
大分県出身。奈良教育大学卒業後、東京教育大学大学院修士課程修了、同博士課程単位取得満期退学。千葉大学助教授などを経て、千葉大学教育学部、大学院教育学研究科教授。
子どもを逞しく育てたいと、青少年文化の研究に精力的に取り組み固定化・画一化された従来の教育学を越えて、ユニークな講義や研究を行い注目されている。長嶋茂雄のファンで、長嶋を研究対象とした長嶋学を創設した。
講演要旨:自立させたかったら過保護にするな。決断力のある女子、安全志向の男子を生み出した時代背景。小学校の先生は長嶋型、高校の教諭は野村型が理想。
記念公演
演題:「私の選んだ女優の道」
女優 市原悦子
グリム童話集「ねずの木の話 Von dem Machandelboom」と野坂昭如 戦争童話集「凧になったお母さん」の2編の朗読を挟んで、戦後の食糧難から活発な少女時代、女優となった半生を独特の口調で振り返った。
戦後の食糧難の時代、市原さんは千葉市で生まれ育った。苦労の中、中学校で入った演劇部の顧問教師との出会いが人生を変えたという。高校を出ると予定していた銀行勤めをやめ、俳優座養成所に進んだ。
 芝居三昧の中、市原さんが引かれたのは人間の暗さだった。「私には、つまはじきにされるような嫌な暗い人に近づく癖がある」。その癖は演じる役にも通じ、「下々の不幸な女の役が好きで、よく依頼も来る。ニュースで見る、どこに助けを求めたらいいか分からないような不幸な人たちが気になってしょうがない」と語る。自らの疎開体験を語る中で 「あのとき(子ども時代)、同じくらいの年の子がどれだけ死んでいったか。成長して本を読み仕事をする中で、東京大空襲で赤い空が見えた同じころ、沖縄ではあんなこと、広島・長崎では原爆のことを知るようになった。まだ続く飢えと戦争が、世界中からなくなってくれたらと強く願います」と結んだ。

特別第1分科会 基調講演とパネルディスカッション
「学校の危機管理とPTA」~生徒指導上の諸課題解決のために~
学校も家庭も、子どもたちの安全を第一に考えていることによって、大人たちは 子どもたちから、極力リスクを排除し、あるいは遠ざけようとする。その結果子どもたちは、リスクと向き合う機会を失い、リスク対応力が未熟のまま(自立 できないまま)成長してしまうのではないか。つまり今日のリスク社会では、ひょっとしたら子どもたちの自立を望む親や先生の想いとは逆の方向に、子どもたちを導いているかもしれない。ではどうしたら自助力、共助力を上げることができるかを考察した。

リスク対応力=リスクをマネージメントする柔軟性は経験の積重ねであり、HOW TO の伝授のみで育成はできない。したがって、海図なき航海が必要(大航海方式)。というごく当たり前の話。

【基調講演講師】上北 彰 氏(千葉科学大学)
【コーディネーター】戸塚 唯氏 氏(千葉科学大学)
【パネリスト】
村松 弥生 氏(千葉県立柏の葉高等学校・前PTA会長)
小笠原 瑞枝 氏(千葉県立柏中央高等学校・現PTA会長)
野本 めぐみ 氏(千葉県立流山おおたかの森高等学校・現PTA監査)
新井 さつき 氏(千葉県立小金高等学校・教諭)
清水 浩一 氏(千葉県立市川工業高等学校・教諭/生徒指導主事)
(報告者 会長:葛山 聡)


 会員委員会からのお知らせ (教養講座・体験講座)


 



 7月1日、毎年人気の高い会員委員会主催による芸術鑑賞会が開催されました。
今年はインターコンチネンタル東京ベイホテル内『シェフズライブキッチン』でランチバイキングを堪能してから、劇団四季の「ライオンキング」を鑑賞しました。美味しい食事と素晴らしいミュージカルで会員同士の親睦を深め、楽しい一日を過ごすことができました。
 
8:45 東急田園都市線 中央林間駅 東急正面入口付近 集合
お天気も良く、集合に遅れる方もなく50名、定刻通り貸し切りバスに乗り込みました。
9:00 中央林間駅 出発
バスの中でお茶と飴を頂き、移動中に会員委員会からの挨拶とバスツアー添乗員さんの楽しいお話があり、時間を気にすることなくあっという間に到着しました。
10:20  インターコンチネンタル東京ベイホテル着 
予定より30分以上早く到着したので、昼食の時間までホテル内を散策しました。
 
 11:00~12:45 『シェフズライブキッチン』ランチバイキングを堪能。
ホテル担当者から今日のランチの説明を受けて、まずは『コラーゲンたっぷり美肌&健康スープ』を頂き、ヘルシー・ビューティ・フレッシュがコンセプトのランチバイキングを心ゆくまで堪能しました。大地の旨みたっぷりの『サラダコーナー』、できたて・あつあつの『グリルコーナー』、自分でトッピングできるオリジナルパフェやアイス・ケーキ・ゼリー・クリームブリュレ・ムース・タルト・プリンなどの『デザートコーナー』、お寿司・ローストビーフ丼、スープ、ジュースなども種類が豊富で、何から何まで美味しそうなものばかりで、ワンプレートではのせ切れず皆さん何回もお代わりを楽しみました。座席は、グループ用の大きなテーブルから景色を楽しめる窓際席などバリエーション豊かで本当に楽しいランチタイムでした。
食事後、ホテル前とラウンジでみんな揃って記念写真を撮り、『ライオンキング』の劇場へ。
 
13:00  JR東日本アートセンター四季劇場[春]に到着。 
 13:30~16:30 日本上演10000回を達成し、なお記録を更新し続けるミュージカル『ライオンキング』を鑑賞。4月の3年芸術鑑賞会で子ども達が観賞した作品と同じなので事前の親子の会話も弾み、シンバを中心とした動物たちの≪生命のつながりの大切さ≫に、大いに感動しました。パーカッションの生演奏あり、時に客席に現れる踊り歌う動物に扮した役者の生の演技は、アニメーションにはない迫力がありました。
 
そして偶然にも私の誕生日が6月下旬で『サバンナ・ハッピーバースデイ』に該当したので、素敵なオリジナルグッズ(バースデーカード)をゲットしました。
定刻より少し遅れて出発したので、到着が遅れるかと心配したものの、帰りの添乗員さんの身の上話から我が子の将来の進路や社会情勢を考える深い話で時を忘れ、あっという間に到着しました。
 17:45  無事中央林間駅に到着。会員委員さん、お世話になりました。


6月20日 第1学年 学年・学級懇談会 
 
西山先生 林校長先生  太田先生

【学年懇談会】
視聴覚室(D棟4階)にて行われました。
入学して初めての懇談会ということで補助席が足りないほど多くの保護者の方々が出席され、先生方のお話に熱心に耳を傾けていました。

① 校長先生挨拶
  • 今年度の入試も採点ミスなく、滞りなく終了しました。
  • 入学して2か月過ぎ、学校生活に慣れてきた生徒も増えたようです。

② 修学旅行について(太田先生)
  • 日程:平成29年10月22日(日)~25日(水)
  • 場所:沖縄(一部民泊の予定です)

③ 選択科目について(原口先生)
  • 大和高校では入試対策として1年時の理科基礎が3科目となっています。
  • 1年の9月に文理コース選択登録があります。進路(受験科目等)・関心・適性などを十分に考えた上で決定してください。オープンキャンパスも積極的に参加しましょう。

④スタディサポートについて(西山先生)
  • 学習バランスがあまり良くない(学習習慣がついていない)生徒が多いようです。
  • スマホ使用時間が依然多いです(毎年のことですが)。
  • 塾など受け身の学習よりも自発的な学習が望ましいです。
⑤進路部から(小野先生)
  • 最近のスマホ依存により本をあまり読まなくなったせいか、国語が得意でない生徒が増えているようです。
  • 大学受験が(申し込み方法や大学により異なる受験科目など)以前よりわかりにくくなっています。
  • 大学卒業後の進路は、理系の場合は進学(大学院)が増えています。また、官公庁や総合商社でも理系採用に積極的になっているなど卒業後の進路は多岐に渡るため、志望校選びは広い視野を持って臨んだ方が良いでしょう。
【学級懇談会】
各クラスにて行われました。
日頃の生徒の様子や先生お薦めの本など、クラスごとに自由な内容で楽しく話し合いました。


6月11日 神奈川県立高等学校PTA連合会理事会

今年度、大和高校PTAが県央地区協議会の会長校であることから、県央地区の県立高校18校の代表として神奈川県立高等学校PTA連合会理事会への出席要請がありました。今後、月1回ペースの定例理事会と委員会の要請に基づく招集会議に出席することになりますので、概要を適宜ご報告いたします。

<理事校・交通担当校予定者説明会>
 日時 : 2016年6月11日(土) 13:00~17:00
 会場 : 横浜市 産業貿易センタービル B1会議室
 当PTAからの出席者 : 鈴木先生(学校書記)、葛山会長

 主要議事 :
  1)神奈川県高等学校PTA連合会 松本会長挨拶 
     肥大化した県PTA連合会のイベントのスリム化を図り、各校PTAの活動の妨げにならない
     よう改善中との趣旨の発言でした。
  2)関連組織ご関係者からの挨拶
     県教育委員会教育局生涯学習課 選任主幹 豊田氏
     県立学校長会 久保田先生
     交通安全教育推進協議会 会長 木谷氏
     県立高等学校安全振興会 理事長 倉金氏
  3)神奈川県立高等学校PTA連合会役員自己紹介
  4)関係団体組織・方針・スケジュール等の説明
     組織等の詳細は、神奈川県立高等学校PTA連合会のHPをご参照ください。
        http://www.kanagawa-koupren.org/
  5)委員会関連の説明および委員選出
     研修委員会所属と決まりました。(委員長は平塚湘風高校PTA会長 山元さん)

次回委員会は、6月18日(土)県民サポートセンター、次々回は7月2日(土)と当面忙しいようですが、お手伝いしてきます。
                                             (報告者 会長:葛山 聡)


 

 Copyright c 大和高校PTA All Rights Reserved
内容を無断で複製、転用する事を禁止いたします